SPECIAL CONTENTS 未来をまわせる技術がある

優れた研磨加工技術

ダイベアは、ベアリング製作の肝と言える研磨加工技術において、各製品で求められるミクロン単位の精度を実現する、国内トップレベルの技術を誇ります。あらゆるモノの小型・軽量化が進むにつれ、ますます上がっていく要求品質に対し、長年培われた確かな技術力で応えています。

超薄肉ベアリング加工技術

ダイベアの技術力の高さを証明する製品が、超薄肉ベアリングです。これは、熱処理時の歪低減、研削加工時の真円度向上等にクラフトマンの技を注ぎ、最先端の生産技術力を投入して、従来の薄肉ベアリングに比べ厚みを約半分の3mmにした製品。主にオフィス向け複写機の定着ローラなどに使用され、機械の小型・軽量化が進む中、需要がますます増えることが予想されます。また昨今、自動車用においても省エネの観点から小型・軽量化が重視される中、需要の拡大が期待されるダイベアの主力製品の一つです。

特殊環境で活躍するベアリング

高温、低温、真空、低発塵といった特殊環境下で活躍する高機能ベアリング分野においても、国内リーディングカンパニーとして高い技術力を有しています。特に半導体製造向けでは、国内トップクラスのシェアを誇ります。同分野は、ダイベアの大きな強みの一つとして、今後も製品開発に注力し、さらに伸ばしていく考えです。

国際競争に勝つための研究開発

ベアリング業界においても、国際競争が激化しています。国内生産にこだわるダイベアにとっては、「品質・性能」と「低コスト」を高いレベルで両立させることが、研究開発の重要なテーマになっています。こうした課題を解決するために、設計・試作・評価体制の充実を図り、将来思考の製品・生産技術開発の実現を目指しています。